山形ビエンナーレに参加します。

災害や自然への畏れや敬いのイメージが造型としてどうのこされているかを、山形に伝わる素朴な郷土玩具や、現代の工芸作家たちの仕事のなかに見出し提示する、森岡書店店主・森岡督行氏による企画展示室。

「畏敬と工芸」 協力出品=橋本雅也、サカキトモコ、沖潤子 展示会場=文翔館 3階第一・第二会議室 公開日時=9月1日〜24日(金・土・日・祝日のみ開催) 9:00〜16:30 

https://biennale.tuad.ac.jp/programs/1591


最新記事

すべて表示

糸巻のご提供をくださった方へ

4月から始まりました山口県立萩美術館での展示のために糸巻きをご提供くださった皆様、 個展「aythology」のリーフレットをお送りが大変遅れてしまいまして申し訳ございません。 7月中旬までには発送させていただく予定でおります。 どうぞよろしくお願い致します。

© 2015  JUNKO OKI