9月10日より北陸工芸の祭典 GO FOR KOGEI 2021 が始まりました。

秋元雄史さんのキュレーションにより、富山・石川・福井の5会場に於いて、46組の作家・ディレクターの “現代アート化する工芸” と “デザイン化する工芸” が紹介されている工芸の祭典です。


石川県小松市にある那谷寺にある書院では、4名の作家の方々の作品と一緒に私の作品を9点展示していただいています。 

原生林と苔に覆われ自然の霊気に満ちた境内にあるこの建物は1635年に建てられ、前田利常の謁見の間として使われていたものだそうです。


今回の会場は全て建築家の周防貴之さんによって設計されています。 先日現地にて設営に立ち合せていただき、重要文化財に抱かれながらぎりぎりまで挑まれている空間を体感しました。GO FOR KOGEI が新しい芸術の門を拓きつつあることを感じ、このような機会に参加させていただけたことをとても嬉しく思いました。


10月24日までの開催となります。 

依然きびしい状況下にありますが、もしも機会がありましたらぜひ訪れていただけたらと思います。


GO FOR KOGEI 2021 の 全容につきまして こちら をご覧ください。


Photo by Masahiro Katano